【エールの感想】NHK朝ドラ 第17週『歌の力』

おはようございます!あさからみるこです。
朝ドラが好きすぎて毎朝欠かさず見ている、NHK朝ドラエール
第17週『歌の力』の感想
を書いていきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

連続テレビ小説 エール Part1 (NHKドラマ・ガイド) [ NHKドラマ制作班 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/3/31時点)

楽天で購入

 

 

ヒロイン役の二階堂ふみさんは『音』役を一般オーディションで勝ち取りました!
↓ ↓ ↓

二階堂ふみ朝ドラ「エール」妻役は一般オーデションで!受けた理由が凄い
いよいよNHK朝ドラ”エール”がスタートしますね。ヒロイン”音”役の”二階堂ふみさん”今や、映画・ドラマ・CM・バラエティー番組まで幅広く活躍されている若手演技派女優さんですが、なんと今回の”音”役、”一般オーディション”で選ばれたそう!今

エール10月10日放送分の感想


来週の予告、裕一はビルマへ!

大切な人が、

戦地のあんな状況の中にいると思ったら、

耐えられません。

生きて帰って来られても、

心が完全におかしくなってしまう。

戦争など、二度と、起こしてはいけない。。。

エール10月9日放送分の感想

>
今朝のお話では、裕一に『5日後に出発』と指令が下り、慰問の制服が渡されました。

音は、

裕一の身の危険も、裕一の気持ちも、察した上で、送り出すのですが、

娘の華ちゃんが言った一言、『お父さん、戻ってくるよね?』。

なによりそこが一番心配ですよね。

鉄砲を撃ったこともないし体も鍛えていない人たちが、

いったいどんな場所で仕事をするのか・・・。

出発を待つ5日間の間に、浩二から『母さんが倒れた』という電報が届いたものの、

音楽協会から『御母堂は重篤ではないので大丈夫だから予定通り戦地へ行くように』と伝えられる。

まさはいつも優しくて、時にはすごい迫力で息子を守ろうとしてきましたから、

このタイミングに、まるで引き留めるかのように。

本当に体が弱っているのか…それとも裕一を思う鉄男らの知恵か…?

裕一、ついに戦地へ。明日、来週の予告が気になる!

エール10月8日放送分の感想


五郎:『戦わなければいいのです。戦わなければ無駄に命を落とすことはない。』裕一:『命を無駄というな~!!!!』

戦争で役に立たなければ!と本気な人と、戦争はダメだ!と本気な人の間に、

どうすればいいのかがわからない人が大勢いる。。。

現実の話ですものね。。。本当に重く苦しいです。

そんな状況下でも、映画は大ヒットするのですね。

映画どころではなくなってしまう時期もこの後に経験するんだ。。。

想像できないような、想像したくないような。

裕一にとって、自分が作った曲に背中を押されて多くの若者が志願することは、

良い事?悪い事?・・・

藤堂先生や多くの若者が戦地で命がけで戦っている。

自分は歌でお国のために働かないと申し訳ない。

実際には負け戦で多くの人が亡くなっていく。

普通の精神状態を保つのは難しいと思います。

見ているこちらもどうにかなってしまいそう。。。

今週、あと1日です!

エール10月7日放送分の感想


裕一は、三隅さんを説得してまで練習生の姿を見学に予科練に来たかいがあり、納得のいく一曲ができました。

予科練、若いですね。。。若い力や豊かな才能が戦争に向かう。。。やりきれない。

たしかに、当時は本気でお国の為にと、命がけで戦うことに必死だったのでしょうけど、

同調圧力が凄まじかっただけで、実情としては『被害』といってもいいような強引さが日常茶飯事だったのかなと思います。

裕一をよく知る音や鉄男、木枯も、心配でたまらない。激戦区の慰問の話はきっと噂通り裕一に来るでしょうね。。。

エール10月6日放送分の感想

音と華のツーショットがめちゃくちゃカワイイですね!
二階堂ふみさんの魅力に負けず劣らず、子役の根本真陽ちゃんが光っています。可愛い!!

母と娘は、早く戦争が終わることを信じ、夢について話しながら、希望を持って生きる姿勢。さすが、音です。

裕一は、戦地で戦う人たちのおかげでこの国がもっているのだと重々感じていて、曲作りへの想いがこれまでより強く重く、力が入ります。

きっと命がけぐらいの気持ちなのでしょう。そうじゃなきゃ申し訳ないのでしょう。

一緒に仕事をする三隅は大変で、早くも汽車の中でキレちゃっていましたね^^;

豊橋では、キリスト教信者が特高に監視される中、危険なのでしばらく集まりはやめようという話し合いが持たれ、

光子は、信仰は捨てないが今は身の危険を冒してまでしない方がいいと意見を言うが、納得のいっていないメンバーは苛立ちを隠せない。

その場にいた五郎は、その夜眠れなかったので聖書を読んで過ごしていると梅がそばに来てしばし夫婦で団らんしていた。

そして、

風呂上がりで光子が廊下を通りすがった時にちょうどキスをしているという(笑)

光子さん娘のキス現場に遭遇しすぎですよね!!(笑)

それはさておき、とても幸せそうな梅ちゃん。明るい笑顔が増えました^^

現代ではあらゆる点で『平等』が大切にされていますが、個人的には、忍耐強く朗らかな女性に憧れます。

自分にできるかって聞かれたら、答えは『たぶんムリ・・・』ですけど、ただただ、すごいなと思うとともに、自分も困難を前にしても、最後まで顔を上げて前へ向かってひたむきに生きたいと思います。

エール10月5日放送分の感想


岩城さんがめちゃめちゃいい!

が…今朝一番の感想です!(笑)

五郎ちゃんと梅ちゃん、7年越しに結ばれましたね!!!おめでとう。。。

7年くじけず真っすぐあの人間性。もう100%間違いない。誠実の塊ですよ、五郎ちゃんという人は。。。

職人としてピカイチで指導も厳しい岩城さんは、これまでの五郎ちゃんを認めているのですが、

試験では緊張で力を発揮できない五郎ちゃんを心から応援してきました。

先日の裕一のアドバイスで、好きな音楽を思い出しながら集中してみたところ、

なんと目をつぶってやっている!!!神か?!!

岩城さんの表情だけで魅せるリアクションがすごい(笑)

『合格!』と言い渡した時の岩城さんは嬉しそうでしたね。

親方の顔であり、まるで梅ちゃんの父親のようでもあります。心優しい良い男♪

ハッピーなムードに包まれた関内家でしたが、特高の目がこわいです。

そして、音は、裕一にきた召集令状が間違いであってほしいとあがきます。

吟に相談へ行くものの、『私だって夫は戦地なのよ。つらいのよ。わかって。』と。。。

さんざん辛い思いをしている姉のところに、必死に相談に行くあたりは、本当に甘えられる・気を使わなくて済むお姉さんであり、

のびのびと幸せな妹だなと感じます。

音の力ではどうにもできそうにない件ですが、映画の主題歌を頼みに訪れた”三隅”が裏を使って出征を食い止めました。

しかし・・・

一度覚悟を決め、実際に戦地で戦う人たちの事を改めて考えた裕一は複雑な思いに。。。

性格上、裕一は心が伴わない行動はしないので、

『僕には音楽があるから戦争に行かずに済んでよかった~!さあ、映画の主題歌頑張るぞ~!』とはならないんですよね。

純粋で、変わらない。裕一の良いところ。

だけど、音は今とても不安なんじゃないかと思いながら今朝の放送を見終えました。

明日の続きが気になります。

タイトルとURLをコピーしました